コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトラジツキー Lev Iosifovich Petrazhitskii

世界大百科事典 第2版の解説

ペトラジツキー【Lev Iosifovich Petrazhitskii】

1867‐1931
ロシアの代表的法学者。キエフ大学卒業後ベルリン留学を経て,1898年から1918年までペテルブルグ大学教授。1905年の革命後カデット(立憲民主党)中央委員。17年の十月革命後ワルシャワ大学に迎えられ,31年みずからの生涯を絶つまで同大学教授の地位にあった。W.M.ブント心理学,E.マッハの経験批判論の影響のもとに独自の心理学的法理論を構築した。〈命令的・帰属的〉性格をもつ〈倫理的情緒〉としての法的体験に法現象の基礎をみる立場から,実証法(公式法)の外に広く〈直観法intuitive law〉の存在することを主張し,この生きた〈直観法〉が固定した実証法の解体・再編に平和的・革命的に作用するという観点で法政策学を説いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトラジツキー
ぺとらじつきー
Лев Иосифович Петражицкий Lev Iosifovich Petrazhitskiy
(1867―1931)

ロシアの法理論家。ポーランド系。キエフ大学、ベルリンに学び、1898年からペテルブルグ大学で法哲学講座を担当、ロシアの第一次国会(ドゥーマ)でカデット党代議員となり、1918年の亡命後はワルシャワ大学で法社会学を教えた。法の基盤と法の発展要因を人間の心理に求め、実定法(公式法)と、人間の心理の属性かつ所産としての「真の法」とを区別し、人間の心理ならびに行為における法的なるものを強化すべき施策の体系としての法政策の策定を法学の重要な目標とみなした。彼の所説はその後の法心理学派の発展に深い影響を及ぼしたが、旧ソ連では法を国家から切り離し、その階級性を覆い隠すものとして批判された。主著に『法哲学概論』第1部(1900)、『法と道徳研究序説』(1905)、『道徳理論との関連における法と国家の理論』2巻(1907)がある。[大江泰一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペトラジツキーの関連キーワードレイスネル

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android