コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイッティントン Whittington, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイッティントン
Whittington, Richard

[生]? グロスターシャー
[没]1423.3. ロンドン
イギリスの商人ロンドン市長。伝説の主人公としても著名。騎士の子に生れ,資産家の娘と結婚,実業界に進出,織物の取引により巨万の富をたくわえ,王室にもしばしば貸付けた。ロンドン市政に参画,3期市長 (1398~99,1406~07,19~20) をつとめた。死後遺産は慈善,公共施設に寄贈された。伝説上では,貧しい皿洗いの孤児で,商人に仕えていたが,唯一の財産の1匹のねこをもって主人の商船に乗り,虐待に耐えられずいったん逃げ出すが,戻れという予言を鐘の音に聞き,再び乗船,ねずみの害に悩むムーア人の首長に巨額の金でねこを売り,主人の娘と結婚,その事業を受継ぎ,3度市長になったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホイッティントンの関連キーワードマソリーノ・ダ・パニカーレ足利義量足利義持ベネディクツス13世クレメンス8世ベネディクツス14世アビニョン教皇庁ザクセン無痛分娩足利義量

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android