ホキティカ(英語表記)Hokitika

世界大百科事典 第2版の解説

ホキティカ【Hokitika】

ニュージーランド南島中部西岸の町。人口3414(1981)。周辺はサザン・アルプスを背後にひかえた狭い海岸平野で,酪農が主産業である。サザン・アルプスを越えて東岸のクライストチャーチに道路,鉄道が通じ,空港があるが,港湾はない。現在は小さな地方町にすぎないが,1860年代のゴールドラッシュにはオーストラリアから人口が流入し,5万に達したことがある。1864年の開基で,名称はマオリ語に由来する。【谷内 達】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホキティカ
ほきてぃか
Hokitika

ニュージーランド南島中西部の都市。人口3087(2001)。ホキティカ川河口に位置する石炭の積出し港。1864年のゴールド・ラッシュで栄え、一時人口5万を数えた。マヒナプア湖などの景勝地を控えた避暑地としても知られる。名称はマオリ語で「すぐ帰る」の意。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android