コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジェント Khudzhand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホジェント
Khudzhand

1936~90年はレニナバード Leninabad。タジキスタン北西部,ホジェント州の州都。タジキスタン第2の都市。フェルガナ盆地西端にあり,シルダリアに沿う。中央アジアの古都で,前 329年頃アレクサンドロス大王が占領して,城塞を構築。 711年にアラブ人が侵入,1220年にチンギス・ハンの大軍が町を破壊。 19世紀初めにはコカンド・ハン国の所領となり,1866年にロシアに併合。タジク人の工芸,民芸 (陶芸,木彫,彫金,刺繍など) の中心地。大規模な絹織物コンビナートがあり,家具,油脂,食肉,ワイン,果実加工,乳製品などの工業も行われる。教育大学,歴史・郷土博物館,植物園がある。鉄道,ハイウェーが通り,空港もある。人口 16万 4500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホジェント
ほじぇんと
Ходжент Hodzhent

中央アジア、タジキスタン共和国フジャント州の州都フジャントХуджанд/Hudzhandの旧称で、1936年までに用いられた。1936~1991年はレニナバードЛенинабад/Leninabadとよばれたがソ連解体、タジキスタン共和国独立に伴いフジャントに改称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホジェントの言及

【フジャンド】より

…人口16万7000(1989)。1936年までホジェントKhodzhent,36‐91年レニナバードLeninabadと称され,91年現名に改称。中央アジア最古の都市の一つ。…

※「ホジェント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホジェントの関連キーワードアレクサンドリア[古代]ウスルシャナナビーエフウラチュベフジャンド

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android