コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッパースケール ホッパースケール hopper scale

2件 の用語解説(ホッパースケールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホッパースケール
ホッパースケール
hopper scale

定量秤の一種。穀類,肥料,飼料,石炭などの定量袋詰や,生コンクリート調合など,工業用に広く使われる。てこの一端にホッパーをつるし,他端に一定重量の分銅箱をつるしてある。ホッパーの上方のバンカー (大箱) から品物を流入して,ホッパー内が一定量に達すると,てこが釣合って水平となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホッパースケール【hopper scale】

測定物をホッパー(大じょうご)に受け,あらかじめ設定した一定量を自動的に測り取るはかり。穀類,肥料,石炭などの定量袋詰めや,生コンクリートの調合のように何種類かの原料を一定比率で配合するときなどに用いる。図はてこの重点にホッパーをつり下げたてこ式ホッパースケールの原理を示す。測定物の入ったバンカー(貯蔵器)下部のバンカーゲートが開くと測定物はホッパー内に落下し,落下物が所定量に達し,てこがあらかじめ設定した力点にかけたおもり箱とつり合うとき,機械的,あるいは電気的な方法でバンカーゲートを閉じ,ホッパーゲートを開けて落下物を排出しホッパーゲートを閉める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホッパースケールの関連キーワードジッパーグラスホッパー特定物リッパージョッパーブーツ仮面ライダーキックホッパー仮面ライダーパンチホッパーじょうごタッパーウェアジョッパー (jodhpurs)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone