ホフマン(読み)ほふまん(英語表記)Roald Hoffmann

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホフマン(Roald Hoffmann)
ほふまん
Roald Hoffmann
(1937― )

アメリカの化学者。ポーランドのズウォツォフ(現、ウクライナのゾロチェフ)に生まれる。ナチスによってユダヤ人の両親とともに強制収容所(ゲットー)に送られたが脱走し、学校の屋根裏で生活した。1944年に解放され、1949年にアメリカに渡った。1958年にコロンビア大学を卒業、ハーバード大学に進学して化学を学び、1962年に博士号を取得した。1965年コーネル大学の准教授に就任、1968年教授となった。1990年に放送されたテレビの科学啓蒙番組『化学の世界』の制作に参加し、案内役として出演した。
 ホフマンは、ハーバード大学でウッドワードと有機化学の応用理論について共同研究を行い、1965年に、有機化合物の反応において、反応に関与する分子軌道の間に対称性の保存されていることを発見した。この法則はウッドワード‐ホフマン則と名づけられ、化学反応のおこりやすさを理論的に予測することを可能にしたものとして高い評価を得た。また、同種の概念は福井謙一がフロンティア電子理論として発表していた。1981年、化学反応過程に関する理論の発展に貢献したとして、福井とともにノーベル化学賞を受賞した。[編集部]
『ホフマン著、小林宏他訳『固体と表面の理論化学』(1993・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホフマンの関連情報