コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッドワード ウッドワード Woodward, Joan

5件 の用語解説(ウッドワードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウッドワード
ウッドワード
Woodward, Joan

[生]1916.6.19.
[没]1971.5.18.
イギリスの経営学者。オックスフォード大学卒業後,ダラン大学で修士号,オックスフォード大学で社会・公共管理で博士号取得。その後彼女は紡績会社やロイヤル・ウォードナンス工場で実務を経験し,1948~53年リバプール大学産業心理学講師,53~57年サウス・イースト・エセックス工業大学社会科学研究所長を経て,オックスフォード大学 (1957~62) ,インペリアルカレッジ (62~69) で産業社会学教授をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウッドワード
ウッドワード
Woodward, Robert Burns

[生]1917.4.10. ボストン
[没]1979.7.8. マサチューセッツケンブリッジ
アメリカ有機化学者。複雑な有機化合物の合成に多くのすぐれた業績をあげた。 1936年マサチューセッツ工科大学卒業。 37年学位取得。ハーバード大学に職を得,同大学教授 (1950) 。アメリカ科学アカデミー会員,ロンドン・ロイヤル・ソサエティ会員をはじめ,多数の外国学会名誉会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウッドワード(Robert Burns Woodward)

[1917~1979]米国の有機化学者。ハーバード大教授。ペニシリンストリキニーネ、フグ毒のテトロドトキシンなど、多くの天然物質の構造を決定し、キニーネクロロフィルビタミンB12などの化学合成に成功。1965年ノーベル化学賞を受賞した。また、R=ホフマンとともに分子軌道の対称性保存則「ウッドワードホフマン則」を提唱した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウッドワード

米国の有機化学者。ボストン生れ。マサチューセッツ工科大学で学び,1950年ハーバード大学教授。1941年共役不飽和化合物の紫外線吸収スペクトルの規則性を発見。複雑な天然化合物の構造決定や全合成を達成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ウッドワード【Robert Burns Woodward】

1917~1979) アメリカの化学者。ペニシリンなどの抗生物質、アルカロイド、フグ毒のテトロドトキシンなどの構造決定と、コーチゾン・クロロフィル a ・ビタミン B12 などの合成に成功。有機化学反応の方向性を説明・予測するウッドワード-ホフマン則を提唱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウッドワードの関連キーワード階乗スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸ハンフリー系列Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウッドワードの関連情報