コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホミカ nux vomica

翻訳|nux vomica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホミカ
nux vomica

馬銭子ともいう。生薬の一つで,南方各地に産するフジウツギ科の高木マチン (馬銭) の成熟した種子。ストリキニンとブルシンを主とする 2.5%以上のアルカロイドを含有している。これを乾燥したものはホミカエキス硝酸ストリキニーネなどの原料となる。毒薬。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ホミカ

マチンの種子の生薬名。ストリキニーネなどのアルカロイドを含み、劇薬に指定されている。健胃薬、ホミカ-チンキの原料となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホミカ
ほみか
nux vomica

マチン科の植物Strychnos nux-vomica L.の種子で、馬銭子(ばせんし)、マチンともいう。本植物はインド、スリランカ、ミャンマー、インドシナ半島、スマトラ、ボルネオ、オーストラリア北部などに分布する。主成分はストリキニーネ・アルカロイドで、2~3%を含有する。苦味を有し、ホミカエキス、ホミカチンキとして苦味健胃剤に用いられる。そのほか、ホミカエキス散、複方ホミカエキス・ジアスターゼ散が日本薬局方に収載されている。現在あまり使用されていない。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホミカの言及

【ストリキニーネ】より

…ストリキニンともいう。現在はマチンS.nuxvomicaの種子,馬銭子(まちんし)(ホミカともいう)から抽出し,硝酸塩として精製される。強力な痙攣(けいれん)毒で,イヌに飲ませた場合,0.47mg/kgの用量で痙攣を起こさせ,1.2~3.9mg/kgで痙攣死する。…

【マチン】より

…インドから東南アジア,さらにオーストラリア北部まで広く分布する。 マチンの種子を生薬ではホミカ,馬銭子(まちんし),蕃木鼈(ばんぼくべつ)という。1.5~5%のアルカロイド,ストリキニーネやブルシンbrucineなどを含む。…

※「ホミカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホミカの関連キーワードストリキニーネ馬銭・番木鼈エキス剤チンキ剤胃腸薬チンキ健胃薬

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android