ホルムアルデヒド中毒(読み)ホルムアルデヒドちゅうどく(英語表記)formaldehyde poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルムアルデヒド中毒
ホルムアルデヒドちゅうどく
formaldehyde poisoning

ホルムアルデヒドの 37%水溶液はホルマリンで,消毒,防腐に用いられている。ホルマリンを大量に経口摂取すると,ただちに激しい腹痛,吐き気,嘔吐,下痢が起る。続いて虚脱,昏睡,無尿をきたし,循環不全で死亡する。致死量は 60mlである。治療にはまず吐出させ,炭酸アンモニウムと2%炭酸水素ナトリウム液で胃洗浄を行い,ただちに活性炭を投与する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android