ホワイトカーボン(英語表記)white carbon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワイトカーボン
white carbon

微粉ケイ酸ともいう。無水ケイ酸,含水ケイ酸,ケイ酸カルシウムケイ酸アルミニウムなどの微粉末で,おもに白色のゴム用補強充填剤として使用される。製法には熱分解による乾式と複分解による湿式とがあり,その性質は製法と製造条件によって著しく異なる。一般に微粒子性,多孔性,純粋性をもち,化合物が安定であり,ゴムのほかプラスチック,印刷インキ,塗料,農薬,接着剤などに広い用途をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイトカーボン
ほわいとかーぼん
white carbon

合成された微粉の無水ケイ酸、含水ケイ酸塩、含水ケイ酸カルシウム、含水ケイ酸アルミニウムなどの総称で、ゴムに配合すると、カーボンブラックに次ぐ優れた補強効果を示すことから、ホワイトカーボンとよばれ、1949年商品として紹介されて以来、各種の製品が市販されている。製品中のシリカ(二酸化ケイ素)SiO2含有量も98%以上のものから50~70%のものまで各種ある。製法により粒子径、比表面積、表面の状態が異なる。屈折率は1.4~1.6で、油またはワニス中で透明となる。ゴム用白色補強材および充填(じゅうてん)材、農薬の分散材または担体、塗料、プラスチック、接着剤、さらに新しい分野では、印刷インキ、化粧品あるいは紙に用いられる。[大塚 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android