コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトカーボン ホワイトカーボン white carbon

2件 の用語解説(ホワイトカーボンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワイトカーボン
ホワイトカーボン
white carbon

微粉ケイ酸ともいう。無水ケイ酸,含水ケイ酸,ケイ酸カルシウムケイ酸アルミニウムなどの微粉末で,おもに白色のゴム用補強充填剤として使用される。製法には熱分解による乾式と複分解による湿式とがあり,その性質は製法と製造条件によって著しく異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイトカーボン
ほわいとかーぼん
white carbon

合成された微粉の無水ケイ酸、含水ケイ酸塩、含水ケイ酸カルシウム、含水ケイ酸アルミニウムなどの総称で、ゴムに配合すると、カーボンブラックに次ぐ優れた補強効果を示すことから、ホワイトカーボンとよばれ、1949年商品として紹介されて以来、各種の製品が市販されている。製品中のシリカ二酸化ケイ素)SiO2含有量も98%以上のものから50~70%のものまで各種ある。製法により粒子径、比表面積、表面の状態が異なる。屈折率は1.4~1.6で、油またはワニス中で透明となる。ゴム用白色補強材および充填(じゅうてん)材、農薬の分散材または担体、塗料、プラスチック、接着剤、さらに新しい分野では、印刷インキ、化粧品あるいは紙に用いられる。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワイトカーボンの関連キーワードケイ酸ケイ酸塩珪酸・ケイ酸ケイ酸アルミニウムケイ酸(珪酸)ケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)ケイ酸ナトリウム(珪酸ナトリウム)マンガン鉱物ケイ酸石灰無水ケイ酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホワイトカーボンの関連情報