コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイト山地 ホワイトさんちWhite Mountains

翻訳|White Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワイト山地
ホワイトさんち
White Mountains

アメリカ合衆国,ニューハンプシャー州中北部からメーン州の一部に及ぶ高原状の山地。長さ 140km,幅 24~32km。ノッチと称される氷食による峠が多く,複雑な地質構造で,高所は花崗岩が多い。標高 1500~1800kmの連峰はプレジデント山脈と称され,最高峰はワシントン山 (1917m) 。 1610kmをこえる自然遊歩道や多数のキャンプ場,スキー場があり,一年を通じて観光保養地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホワイト‐さんち【ホワイト山地】

White Mountains》米国ニューハンプシャー州北部の山地。アパラチア山脈支脈の一。景勝地として知られ、ホワイトマウンテン国立森林公園、フランコニアノッチ州立公園、ワシントン山、フルーム渓谷などがある。スキー場も多い。ホワイトマウンテンズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ホワイトさんち【ホワイト山地 White Mountains】

アメリカ合衆国ニューハンプシャー州中北部からメーン州南西部にかけて広がる山地。アパラチア山系の一部で,古生代後期に形成された。おもに花コウ岩からなる山地で,浸食から取り残された残丘(モナドノック)がところどころで高い峰となっている。最高峰のワシントン山(1917m)には道路やアプト式鉄道が通じ,観光地となっている。【菅野 峰明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ホワイト山地の関連キーワードニューハンプシャー[州]メーン(アメリカ合衆国)ワシントン[山]ブレトン・ウッズバーモント州メリマック川ミラー