コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンシャクナゲ

2件 の用語解説(ホンシャクナゲの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホンシャクナゲ

シャクナゲ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホンシャクナゲ
ほんしゃくなげ
[学]Rhododendron metternichii Sieb. et Zucc. var. hondoense Nakai

ツツジ科の常緑低木。アズマシャクナゲとともに、単にシャクナゲとよぶこともある。葉は倒披針(とうひしん)形または長楕円(ちょうだえん)形で長さ8~15センチメートル、両端はとがり、革質で裏面は短い毛が圧伏し、淡褐色または灰色である。5月、枝先に淡紅色花を開く。花冠は漏斗(ろうと)形で径4~5センチメートル、先は7裂する。雄しべは14本、花糸の下部に毛がすこしある。果実は円柱状卵形、褐色の毛がある。標高300~1000メートルの山地に生え、富山県、長野県、愛知県以西の本州、四国に分布する。母種のツクシシャクナゲは葉の裏面に褐色の長い綿毛を厚く密生し、紀伊半島、四国、九州に分布する。変種のアズマシャクナゲは葉の裏面に淡褐色の毛を密生し、花冠は5裂し、雄しべは10本。山形県、宮城県以西から関東甲信地方に分布する。変種ヤクシマシャクナゲはアズマシャクナゲに似ているが、葉の裏面により毛が多く、九州の屋久(やく)島に分布する。いずれも庭木、盆栽などにする。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホンシャクナゲの言及

【シャクナゲ(石南花)】より

…この仲間は西アジアに1種,北アメリカに3種知られる。(3)ヒメナンテス(アルギロフィルム)系 静岡県と愛知県の山地の岩場に生えるエンシュウシャクナゲR.makinoi Tagg(一名ホソバシャクナゲ)(イラスト)と,本州の東北地方南部から四国,九州の温帯林中に生えるホンシャクナゲR.metternichii Sieb.et Zucc.(イラスト)がこの系に属す種類で,台湾のR.formosanum Hemsleyや中国大陸の湖北省,四川省,雲南省にかけて10数種の近縁のものが知られる。花は一般に紅紫色である。…

【ツツジ(躑躅)】より

… ツツジ属Rhododendronは一般に,落葉性のツツジ類と常緑性のシャクナゲ類に分けられる。しかし日本では昔から,シャクナゲの名はホンシャクナゲの仲間のみに使われ,常緑であってもヒカゲツツジやゲンカイツツジはシャクナゲとは呼ばれなかった。ヨーロッパには中国やヒマラヤから常緑性のものが入って園芸化され,ロードデンドロンrhododendronの名は常緑性のものに使われた。…

※「ホンシャクナゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホンシャクナゲの関連情報