コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンダ VFR800FI

1件 の用語解説(ホンダ VFR800FIの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ホンダ VFR800FI

1990年代の中以降、世界的に二輪車においても排出ガス規制が強化されてきた。これにたいして、スポーツ性を高めながら、排出ガスの低減を図ったのがVFR800FIであった。VFR800FIはスポーツ車であるRVF750Rをベースエンジンとして、ストロークUPして、スポーツ性の向上をはかった。電子制御燃料噴射装置やO2フィードバック3元キャタライザーシステムを採用して欧州排出ガス1次規制値の1/10という低排出ガスを達成した。また、日本国内においては1999年10月から施行の排ガス規制に先駆けた、国内初の小型二輪車規制適合モデルである。車体にはピボットレスタイプのアルミツインチューブフレームを採用しまた後輪懸架装置にはクランクケースマウントの片持ち式スイングアームを採用し、軽量化と高剛性化を達成している。また、ブレーキには前後連動ブレーキシステムが採用され、安全性の向上がはかられた。保管場所ホンダコレクションホール(〒321-3597栃木県芳賀郡茂木町大字桧山120-1 ツインリンクもてぎ内
製作(製造)年1998
製作者(社)本田技研工業株式会社
資料の種類量産車
現状動態・非公開
車名ホンダ VFR800FI/VFR
型式RC46
会社名本田技研工業株式会社
車種・用途自動二輪車
実車所在/模型ホンダコレクションホール
製作開始年1998
スタイルオートバイ
乗員2名
車両重量208Kg(乾燥重量)
全長2210㎜
全幅770㎜
全高1190㎜
前照灯デュアルマルチリフレクターヘッドライト
タイヤサイズ(前)120/70 ZR17
タイヤサイズ(後)180/55 ZR17
フレームアルミツインチューブ
懸架方式(前)テレスコピック
懸架方式(後)プロアーム(片持ちスィングアーム)
軸距1440mm
ステアリングなし
ブレーキ(前)セパレート式ハンドル
ブレーキ(後)油圧式ダブルディスク3ピストンキャリパー
ダンパー(前)油圧式ディスク3ピストンキャリパー
ダンパー(後)前後あり
走行安定装置前後連動ブレーキ
特徴ピボットレスタイプのアルミツインチューブやクランクケースマウントの片持ち式スウィングアームを採用し高剛性化と軽量化の両立が図られている。さらには前後連動ブレーキシステムを採用し安全性の向上が図られている。
種類水冷4サイクルガソリン
気筒配列90°_V型4気筒
弁機構DOHC 4バルブ
気化器電子制御式_(ホンダPGM-FI)
内径x行程72.0㎜ × 48.0㎜
排気量781cm3
点火系フル・トランジスター式バッテリー点火
最高出力/回転数110PS/10500rpm
排気浄化O2フィードバック3元キャタライザー付消音マフラー
過給機なし
潤滑方式圧送飛沫併用式
始動方式セルフ式
燃料タンク容量21?
特徴スポーツモデルであるRVF750Rのエンジンをストロークアップ。アルミパウダーメタルコンポジットスリーブを採用し軽量化と高性能化が図られている。電子制御燃料噴射装置と3元キャタライザーを採用し排出ガスの浄化を時代に先駆けて行っている。
変速機常時噛合式6段リターン
動力伝達方式チェーンドライブ
クラッチ形式湿式多板コイルスプリング
エピソード・話題性環境性能を高め、ハイテク技術をつきしたリアルスポーツマシン
参考文献http://www.honda.co.jp/news/1998/2980410.htmlHONDA R&D Technical Review Vol.10 p42-p48, 1998

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンダ VFR800FIの関連キーワードアッセン自動二輪車国際人世界的二輪二輪車繋駕四輪車世界人ETCの助成制度

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone