ホースラディッシュ

  • horse-radish
  • horseradish

百科事典マイペディアの解説

ワサビダイコン,レホールとも。東ヨーロッパ原産のアブラナ科の多年草。根出葉は有柄で大きく,鋸歯(きょし)のある長楕円形。花茎は40〜90cm,春,白い小花を多数つける。根はゴボウに似て太く,ワサビに似た辛みがあり,粉ワサビや焼肉にかけるホースラディッシュソースの原料,肉および魚介料理の添え物などにする。明治時代にアメリカから導入され,北海道では野生化している。
→関連項目ラディッシュ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のホースラディッシュの言及

【ワサビダイコン(山葵大根)】より

…アブラナ科の多年草(イラスト)。セイヨウワサビ,ホースラディシュともいう。ヨーロッパ南東部の原産と考えられ,古くから香辛料として栽培利用されている。根(イラスト)は直径3~5cm,長さ30~50cmになり,内部は白色で繊維が多く,強い辛みと香気がある。葉は濃緑色でちりめん状のしわがあり,生育の段階によって長さ30~50cmの長楕円形の葉と,羽状に切れ込んだ葉とがあり,それぞれ別種のようにみえる。4~5月にとう立ちして多数の白い十字花が咲く。…

※「ホースラディッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android