コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーニング盤 ホーニングばんhoning machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーニング盤
ホーニングばん
honing machine

とぎ上げ盤ともいう。ホーニング加工をする工作機械で,棒状のスティック砥石を工具 (ホーニングヘッド) の円周上に配置し,これに回転と往復運動を与えながら工作面に均等に押当てる構造になっている。穴内面を加工する内面ホーニング盤が最も多く,主軸の方向から立型,横型,傾斜型に分ける。立型は加工精度と能率にすぐれ,ホーニング盤の大多数を占める。横型は長穴用に,また傾斜型はV型エンジンシリンダ加工に用いられる。 (→研削盤 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホーニング盤【ホーニングばん】

角形棒状の砥石(といし)を数個放射状に取り付けたホーンという工具に,回転と同時に軸方向の往復運動を与えて,主として工作物の穴の内面を精密に仕上げる工作機械。外径用や,平面を仕上げる平面ホーニング盤もある。
→関連項目研磨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーニング盤
ほーにんぐばん
honing machine

外周に数個の砥石(といし)を取り付けたホーンとよばれる工具を用いてホーニングを行う工作機械。とぎ上げ盤ともいう。主として工作物の円筒内面に仕上げ加工を施す。ホーニング盤は、精密中ぐり盤や研削盤で仕上げられた穴内面、円筒外面、平面などをいっそう平滑に仕上げると同時に、寸法精度を向上させるために用いられる。加工面の形式から平面形、内面形、外面形などに、また構造上から立て形と横形などに分類されている。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホーニング盤の言及

【工作機械】より

…19世紀後半以降,工作機械の発達の中心はアメリカおよびドイツに移り,この時期になると,現在のような電動機直結運転が行われ,研削盤,歯切盤などが開発された。20世紀に入ると,よりよい性能の製品を作り出すために,工作機械は急速な発展を遂げ,歯車研削盤,ホーニング盤などが開発された。同時に,加工時間を短縮するために,高速度鋼や超硬合金などの刃物材料や快削鋼のような工作物材料も新たに開発された。…

【ホーニング】より

…加工液としては灯油や軽油のように粘性の低い油を多量に供給して,発生熱や切りくずの除去を積極的に行わせる。ホーニングを行う機械をホーニング盤honing machineと呼び,内径,外径,平面の加工用がある。内径ホーニング盤の場合,図に示したように加工物,あるいは工具の支持を浮動式とすることが多い。…

※「ホーニング盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホーニング盤の関連情報