コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーンパイプ ホーンパイプhornpipe

翻訳|hornpipe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーンパイプ
hornpipe

音楽用語。 (1) 楽器の一種。角のような形のシングル・リード木管楽器。中世ヨーロッパで使われたほか,現在も民俗楽器として残る。 (2) 15世紀以後スコットランドやウェールズで行われた4分の4拍子の比較的ゆっくりした舞踊水夫の踊りを模倣したもので,木靴で踊ることが多い。 (3) 上記の舞曲様式化した2分の3拍子の楽曲。ヘンデルの『水上の音楽』などに現れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホーンパイプ

英国の舞踏の一種。祭の儀式の踊りであったが,16世紀ころから流行。パーセルオペラなどに用例がある。その名の由来となったのは〈角でできたパイプ〉の意の民俗楽器。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ホーンパイプの関連キーワード音楽用語

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android