コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイド・オア ボイドオア

3件 の用語解説(ボイド・オアの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボイド・オア

英国の生理学者。初め医者を開業。後に動物の栄養に関する研究に従事。また国連食糧農業機関事務局長として活躍し,1949年ノーベル平和賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイド・オア
ボイド・オア

オア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイド・オア
ぼいどおあ
John Boyd Orr
(1880―1971)

イギリスの栄養学者、生理学者。スコットランドエアーシャー生まれる。グラスゴー大学で神学を学び、卒業後に教員になったが、再入学して医学に転じ、博士号を取得した。アバディーン大学に創設された動物栄養学研究所の所長に就任したが、第一次世界大戦がおき、軍医として従軍、軍事栄養学を研究した。戦後アバディーンに戻り、栄養学の研究センターとしてラウエット研究所を創設した。研究所では、初めは動物栄養学を研究したが、やがて人間の栄養学に対象を移行、国民の栄養確保には国の科学的かつ調和のとれた食糧政策不可欠であるとして、1936年に『食糧、保健、所得』Food,Health and Incomeを著した。これは、第二次世界大戦中のイギリスの食糧政策に重大な影響を与えた。第二次世界大戦後は国連食糧農業機関(FAO(ファオ))の設立に尽力し、1945年その初代事務局長に選出された。1949年には、世界の食糧問題解決に積極的に活動し多大な貢献をしたとして、科学者としては数少ないノーベル平和賞を受賞した。その後も国際的に活動し、1952年(昭和27)には来日している。なお、1935年にナイトに叙せられ、1948年には貴族に列せられた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイド・オアの関連キーワードアーランガーシェリントンデュロンデールマクドゥーガル比較生理学病理生理学町医者リンガー液栄養生理学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone