コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食糧政策 しょくりょうせいさく

1件 の用語解説(食糧政策の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょくりょうせいさく【食糧政策】

食糧の需給,流通,価格,貿易に関する政策の総称である。しかし日本では食糧政策としては,もっぱら主食,とくに米麦に関する政策に限定し,畜産物,青果物,魚介類などに関する政策は別途に扱われるのが普通である。これは,日本の食糧政策が歴史的にいって,もっぱら米麦(とくに米)から出発しており,なお現在も大きな比重を占めているからである。食糧政策の目的は,国民が必要とする食糧の安定供給を図ることにある。そのためには,生産者が安定的に生産を行うための対策が必要であるし,輸入の安定確保も図らねばならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

食糧政策の関連キーワード価格政策食糧管理制度食糧庁農業保護政策食糧法食糧管理法食糧制度栄養政策流通チャンネル政策

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食糧政策の関連情報