食糧政策(読み)しょくりょうせいさく

世界大百科事典 第2版の解説

しょくりょうせいさく【食糧政策】

食糧の需給,流通,価格,貿易に関する政策の総称である。しかし日本では食糧政策としては,もっぱら主食,とくに米麦に関する政策に限定し,畜産物青果物,魚介類などに関する政策は別途に扱われるのが普通である。これは,日本の食糧政策が歴史的にいって,もっぱら米麦(とくに米)から出発しており,なお現在も大きな比重を占めているからである。食糧政策の目的は,国民が必要とする食糧の安定供給を図ることにある。そのためには,生産者が安定的に生産を行うための対策が必要であるし,輸入の安定確保も図らねばならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android