コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウエンギョ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウエンギョ

コガシラボウエンギョ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウエンギョ
ぼうえんぎょ / 望遠魚
giganturid fish
[学]Gigantura chuni

硬骨魚綱ヒメ目ボウエンギョ科に属する海水魚。大西洋東部などの深海から採集されている。目が大きく、前方に向かって管状に突出しているので、望遠鏡に見立ててこの名がつけられた。口は大きく、その後端は目のはるか後方に達する。歯は多く鋭い。胸びれは鰓孔(さいこう)の上端付近についている。背びれと臀(しり)びれは体の後方に位置し、尾びれは下葉が長く後方に伸びている。脂びれと腹びれを欠き、体に鱗(うろこ)がない。体長は15センチメートルほどになる。きわめてまれにしか採集されないが、その変わった形態のためにかなり有名である。[上野輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボウエンギョの関連キーワードボウエンギョ(望遠魚)深海魚円鱗類望遠魚