ボスコビチ(英語表記)Rudjer Josif Bošković

世界大百科事典 第2版の解説

ボスコビチ【Rudjer Josif Bošković】

1711‐87
イタリアの数学者,自然哲学者。クロアチアドゥブロブニクの生れ。イエズス会の学校で学んで司祭となり,ローマのイエズス会学院の数学教授,さらにパビア大学の数学教授となり,ミラノの天文台の創設に尽力した。のちフランスで光学に取り組む。ローヤル・ソサエティ会員。実際的な側面では,天文学,光学,測地学などに業績があるが,むしろニュートンに対する批判者として知られる。主著《自然哲学の理論》(1758)は,一種の力一元論であり,物質のさまざまな物理・化学的性質を,引力と斥力のみによって説明しようとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボスコビチの言及

【力】より

…こうした考え方の最も徹底した形は〈力動説〉もしくは〈力本説〉(英語ではdynamism)と呼ばれる哲学上の主張になる。R.J.ボスコビチに代表されるこの立場は,物質を二義的なものとして,自然の根元的な実体を力と考え,原子もまたそうした力の場としてとらえるものである。カントにも同様の着想を認めることができ,19世紀後半の電磁場や,最も現代的な素粒子論における素粒子の抽象空間への還元への先駆ともいえるものとなった。…

※「ボスコビチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android