コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボチカイ ボチカイBocskay István

2件 の用語解説(ボチカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボチカイ
ボチカイ
Bocskay István

[生]1557. トランシルバニア,コロスワール
[没]1606.12.29. スロバキア,カシャ
トランシルバニア侯 (在位 1605~06) 。ハンガリーの民族的英雄。オスマン帝国の援助を得てトランシルバニアからオーストリア軍を撃退し,ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ルドルフ2世のハンガリー併合の野心をくじき,ウィーン和約 (06.6.) によってハンガリー全土の政治的権利と宗教の自由を尊重することを誓約させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボチカイ【Bocskai István】

1557‐1606
ハンガリーの大地主貴族,政治家。トルコの侵入によるハンガリーの三分割状態のもとで,はじめトランシルバニア公バートリに仕え,公国のハプスブルク化と対トルコ戦争に貢献するが,ハプスブルクの宗教的・政治的圧迫に反発し,オスマン帝国の支援をえて,1604年反ハプスブルク反乱(ボチカイの乱)を起こした。05年公となり,翌年ウィーンの和でハンガリー人貴族の自治,新教の宗教上の自由,公国の独立を認めさせた。彼以後,トランシルバニア公国をハンガリー人貴族自治の砦とするという考えが始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボチカイの言及

【ベトレン】より

…ハンガリーの小貴族出身の政治家。16世紀のトルコの侵入によりハンガリーが三分割されたあと,ボチカイらと協力して,トランシルバニア公国を拠点としてハンガリー王国の独立性の回復をはかった。1613年から29年までトランシルバニア公。…

※「ボチカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ボチカイの関連キーワード大内義長正親町天皇波多野秀治ベルナルド後奈良天皇葛山城正親町天皇スイッチOTC医薬品王直織田信忠

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone