ボチカイ(英語表記)Bocskay István

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボチカイ
Bocskay István

[生]1557. トランシルバニア,コロスワール
[没]1606.12.29. スロバキア,カシャ
トランシルバニア侯 (在位 1605~06) 。ハンガリーの民族的英雄。オスマン帝国の援助を得てトランシルバニアからオーストリア軍を撃退し,ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ルドルフ2世ハンガリー併合の野心をくじき,ウィーン和約 (06.6.) によってハンガリー全土の政治的権利と宗教の自由を尊重することを誓約させた。内政においてはハンガリー貴族の自治権,宗教的自由を擁護し,ハイドゥー兵士に貴族身分を保障,またセーケイ人の自由も回復した。しかし侯位即位後1年にしてカシャ (現スロバキアのコシツェ) で急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボチカイ【Bocskai István】

1557‐1606
ハンガリーの大地主貴族,政治家。トルコの侵入によるハンガリーの三分割状態のもとで,はじめトランシルバニア公バートリに仕え,公国のハプスブルク化と対トルコ戦争に貢献するが,ハプスブルクの宗教的・政治的圧迫に反発し,オスマン帝国の支援をえて,1604年反ハプスブルク反乱(ボチカイの乱)を起こした。05年公となり,翌年ウィーンの和でハンガリー人貴族の自治,新教の宗教上の自由,公国の独立を認めさせた。彼以後,トランシルバニア公国をハンガリー人貴族自治の砦とするという考えが始まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボチカイの言及

【ベトレン】より

…ハンガリーの小貴族出身の政治家。16世紀のトルコの侵入によりハンガリーが三分割されたあと,ボチカイらと協力して,トランシルバニア公国を拠点としてハンガリー王国の独立性の回復をはかった。1613年から29年までトランシルバニア公。…

※「ボチカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android