ボットロプ(英語表記)Bottrop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボットロプ
Bottrop

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ルール工業地帯,エッセンの北北西約 10km,ライン=ヘルネ運河沿岸に位置する。古い歴史をもつが,19世紀中葉の炭田開発までは小さな町であった。石炭採掘およびコークス製造,化学,金属,機械工業などが盛ん。人口 11万7241(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボットロプ
ぼっとろぷ
Bottrop

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州、ルール地方の炭鉱都市。人口12万0600(2000)。ルール地方の中心都市エッセンの北西に隣接する。1870年以来石炭業がおこり、ポーランドからの労働者の流入が多かった。1950年代末より、石炭危機の影響を受け斜陽化している。市街地はエムシェル川の谷から北の斜面にかけて広がり、南部をライン・ヘルネ運河が通る。[齋藤光格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android