コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボネリムシ ボネリムシ Bonellia fulginosa

4件 の用語解説(ボネリムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボネリムシ
ボネリムシ
Bonellia fulginosa

環形動物門ユムシ綱ボネリムシ科。独特の性決定を行うことで知られる。すなわち,受精卵が孵化してできた幼生は,しばらく海水中を泳いでいるが,その後海底で生活を始めたものは雌に,雌の体に付着したものは雄になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボネリムシ

ボネリアとも。ユムシ類ボネリムシ科の環形動物。雌雄によって大きさ,形態が著しく異なる。雌の体長は約2cmで,先端が二叉(ふたまた)に分かれた体長の約2〜2.5倍の吻(ふん)をもち,緑色。
→関連項目ユムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボネリムシ【Bonellia fulginosa】

ボネリムシ科のユムシ動物。本州中部以南,地中海に分布し,死んだサンゴ礁の中に穴を掘ってすむ。雌雄で体の大きさが極端に異なっていて,雌は体長20mm,幅7mm,そして体長の2~2.5倍の長さの吻(ふん)をもつのに対し,雄は体長1mm,幅0.15mmで腹面に繊毛が密生する。雌の体は濃緑色で1対の腹剛毛をもち,吻の先端は大きく二叉する。雄は雌の咽頭中に寄生生活していて,体の前方に1対の腹剛毛があり,体の前端に生殖口が開いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボネリムシ
ぼねりむし
[学]Bonellia fuliginosa

環形動物門ユムシ綱ボネリムシ科に属する海産動物。千葉県以南に分布し、死んだサンゴ礁に穴を掘ってその中にすむ。雌は体長約2センチメートルの濃緑色で、頭の頂端から体長の約2、3倍の長さの吻(ふん)を出し、その先端は二またに分かれている。1対の腹剛毛がある。一方、雄は非常に小さく、体長1ミリメートルぐらいで吻も口も血管もなく、雌の咽頭(いんとう)中に寄生している。背面はクチクラが厚く、腹面には繊毛が密生している。1個の大きい貯精嚢(ちょせいのう)があり、精子は細管を通って雌の子宮内の卵を受精させる。このように生殖に役だつだけの小さい雄を補雄とよんでいる。受精卵から幼生になり、その幼生が雌の親の吻について成長すると、しだいに雄になっていき、吻につかないで自由に浮遊生活をして変態すると大きな体の雌になる。実験的に雌の吻についた幼生を途中で離して飼育すると、付着していた場所や時間の長さなどによって、いろいろな程度の雄と雌の中間の性質をもった個体ができる。つまり、吻についていた時間が長いほど雄の性質の強い個体ができることから、雌の吻からは幼生を雄にする物質が出るのであろうと考えられている。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のボネリムシの言及

【性比】より

…性の決定が環境に左右される場合は性比がかたよる。たとえば,海産のボネリムシBonelliaの幼生は単独では雌に発生するが,雌が存在すると吻(ふん)に付着して雄になる。サンゴ礁魚のホンソメワケベラは1匹の雄と数匹の雌と数匹の未成魚が群れを作っているが,雄がいなくなると優位の雌が性転換して雄になる。…

【ユムシ(螠)】より

…ふつうは体の前方腹面に1対の腹剛毛が,そして後端の肛門の周囲を1~2列に尾剛毛がとり巻いているが,これらの剛毛をまったくもたないものもある。吻の形や大きさにはいろいろあり,長いものではサナダユムシIkeda taenioidesのように1.5mになるものがあり,ボネリムシ科Bonelliidaeの種類では先端が二叉に分かれている。多毛類やホシムシ類のように体内に吻が陥入することはない。…

※「ボネリムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボネリムシの関連キーワードアカハラサナダユムシ錨虫海毛虫毛槍虫星虫キタユムシゴゴシマユムシユムシ動物門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone