コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボフィル ボフィル Bofill, Ricardo

2件 の用語解説(ボフィルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボフィル
ボフィル
Bofill, Ricardo

[生]1939.12.5. バルセロナ
スペインの建築家。バルセロナ建築学校,ジュネーブ建築大学に学ぶ。 1960年タリエル・デ・アルキテクトゥラを結成。以後バルセロナおよびパリを中心として設計活動を展開。スペイン国内でマンサネーラの集合住宅 (1963) ,ウォールデン7 (70) などを手がけ,74年からのパリ・レアール再開発計画で世界的に注目を集める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボフィル
ぼふぃる
Ricardo Bofill
(1939― )

スペインの建築家。バルセロナの裕福な建築業者の息子として生まれる。バルセロナ高等建築学校(1955~56)を経て、1957~60年にスイスのジュネーブ建築学校で学んだ。
 63年、バルセロナに、建築家、エンジニア、社会学者、哲学者、芸術家などからなる建築集団タリエール・デ・アルキテクトゥーラ(スペイン語で建築工房)を設立し建築活動を始める。
 活動初期の60年代から70年代はじめにかけては、カタルーニャの伝統的建築に見られる形態を用いたリゾート施設群ラ・マンサネラ(1969~83、バレンシア県カルペ)など、モダニズムを踏襲しつつ地域主義の作風をとっていた。やがて、大規模な計画にかかわる必要から、空間における要素の幾何学的構成に基づいた方法をとるようになり、その成果は集合住宅ウォールデン・セブン(1970~75、バルセロナ)に結実した。
 パリに事務所を設立した70年以来、フランスのさまざまなニュータウン計画に携わるようになる。70年代の末から80年代前半には、アーケードと橋(1982、ベルサイユ)、アブラクサスの宮殿・劇場・凱旋門(1982、フランス北東部マルヌ・ラ・バレ)やアンチゴネー(1983、モンペリエ)、バロックのスケール(1985、パリ14区)など古典主義の要素を大胆に取り入れた大規模な集合住宅を完成し話題を呼んだ。これらの作品に見られる、オーダー、ピラスター(装飾用の壁柱)、基階・主階・屋階の3層構成とその微妙な変形、転倒したようなプロポーション、軽さと重さの混じった感覚、壮大なバロック的空間などの特徴をもつ作風は「ポスト・モダン・クラシシズム」とも呼ばれた。
 さらに、80年代なかばには、古典主義とハイテクを融合させた作風を確立し、いっそうの人気と評価を獲得した。以後、バルセロナとパリを拠点にしながら、ヨーロッパのほか、アメリカ、日本など世界各地で活動し、バルセロナ国際空港(1991)などの巨大プロジェクトも数多く手がける。
 日本での作品にはユナイテッドアローズ原宿本店(1992、東京都)、明治生命青山パラシオ(1999、東京都)、東京銀座資生堂ビル(2001)がある。[秋元 馨]
『石上申八郎訳『リカルド・ボフィール――建築を語る』(1987・鹿島出版会) ▽太田泰人訳『空間を生きる』(1996・鹿島出版会) ▽『世界の建築家 リカルド・ボフィル/タリエール・デ・アルキテクトゥラ』(1985・エーディーエー・エディタ・トーキョー) ▽「特集リカルド・ボフィール」(『SD』1993年10月号・鹿島出版会) ▽「特集リカルド・ボフィール1995-2000」(『SD』2000年3月号・鹿島出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボフィルの関連キーワードバルセロナ大聖堂バルセロネータバルセロナプロセスバルセロナタワーバルセロナマラソン追憶のバルセロナバルセロナ・バレエ団バルセロナチェアバルセロナ大学バルセロナ伯国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボフィルの関連情報