コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボラゾン borazon

翻訳|borazon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボラゾン
borazon

窒化ホウ素 BN のうちダイヤモンドに似た三次元構造をもつもの。 1957年 R.ウェントーフは通常の六方晶系の窒化ホウ素を 1800℃,8万 5000気圧に加熱して立方晶系,閃亜鉛鉱型構造のものを得,これをボラゾンと命名した。性質はダイヤモンドに似ているが,硬度はダイヤモンドをしのぐ。研磨用,切削工具などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のボラゾンの言及

【窒化ホウ素(窒化硼素)】より

…この変化はアルカリ金属またはアルカリ土類金属によって触媒作用を受ける。1957年アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)社で開発され,約10年後に商品名ボラゾンBorazonとして商品化された。この立方晶窒化ホウ素cBNはダイヤモンド(ヌープ硬さ7000~9000)に次ぐ硬さ(ヌープ硬さ約4700)をもち,ダイヤモンドに比べて耐熱性に優れ,鉄系金属との反応性も小さい。…

※「ボラゾン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボラゾンの関連キーワード超硬物質

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android