ボルポーネ(読み)ぼるぽーね(英語表記)Volpone or the Fox

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルポーネ
ぼるぽーね
Volpone, or the Fox

イギリスの劇作家B・ジョンソンの喜劇。1606年初演。副題にあるように「きつね」を意味するボルポーネというベネチアの貴族が、いまにも死にそうだといううわさをばらまき、遺産目当てに集まってくる欲の皮の突っ張った連中(「はげたか」「とんび」など)から、逆に金品を巻き上げ、さらにはその一人「からす」の美しい若妻まで提供させようとする。このようなきわどい綱渡りを彼は召使い「はえ」の助けでやっているが、そのうちこの腹心に裏切られて、財産をさらわれそうになり、裁判官にいっさいを白状して、終身の刑に処せられる。人間の欲を苛烈(かれつ)に暴いた代表作の一つ。[柴田稔彦]
『三神勲訳『世界文学大系14 ヴォルポーネ』(1974・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android