コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロロ族 ボロロぞくBororo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロロ族
ボロロぞく
Bororo

ブラジル,マトグロッソ地帯北部に居住するラテンアメリカインディアンの一民族。ジェー語系諸族に属する。以前はパラグアイ川の東,西の支流の沿岸に居住し,ブラジル先住民のなかで最大の民族であったが,白人の侵略や流行病のため,今日の人口は 1000人未満と推定される。本来は半遊動民で,狩猟,採集を主生業としたが,徐々に定住農耕を行うようになった。社会構造は年齢や性別による集団,親族集団に基づいている。地域内婚の傾向が強いが,社会階層は貴族,戦士,平民の3つに分れ,この階級内で婚姻していた。母系半族から成る村を形成し,交差いとこ婚による限定交換が行われる。一夫多妻もときに行われ,拡大家族が最小の社会的単位である。複雑な顔面塗飾の図柄で著名であり,C.レビ=ストロースによって象徴的図柄と社会構造との構造上の対応が明らかにされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボロロ族の関連キーワード身体彩色ジェー族

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボロロ族の関連情報