コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーマノアール Beaumanoir, Philippe de Rémi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーマノアール
Beaumanoir, Philippe de Rémi

[生]1246. ボーベージ
[没]1296. ポンサントマクサンス
フランスの法学者。クレルモンのバイイ (国王役人) などを歴任。『ボーベージ地方慣習法書』 Les Coutumes de Clermont en Beauvaisis (1280) を編集。この法書は私選ではあるが実際の裁判判決に利用される権威をもった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーマノアール
ぼーまのあーる
Philippe de Rmi, Sire de Beaumanoir
(1246/1247―1296)

フランス中世の著名な法学者。詩や小説も書いた。小貴族で、裁判、行政、財政などを監督するため国王により派遣された地方官吏であった。ローマ法、教会法はもちろん、とくに慣習法に通じていた。1280~1283年秘書に口述筆記させた『ボーボアージ地方クレルモン伯領の慣習法』Coutumes du comt de Clermont en Beauvoissisは、全体1982節に及ぶ大作で、中世フランス語で書かれ、フランス中世慣習法書中の白眉(はくび)であり、後世フランスの慣習法統一に大きな影響を与え、同時に王権強化の理論の確立に寄与した。[佐藤篤士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボーマノアールの関連キーワードボーベ地方慣習法書三十人合戦

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android