コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーンホルム島 ボーンホルムトウ

2件 の用語解説(ボーンホルム島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボーンホルム‐とう〔‐タウ〕【ボーンホルム島】

Bornholmバルト海上にあるデンマーク領の島。スウェーデン最南部の南東沖約35キロメートルに位置する。中心地はレーネ。17世紀に2度、スウェーデン領になった。北欧最大規模といわれる中世の城跡ハマースフスや、窓を銃眼や砲台として使えるように設計された円形教会が残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーンホルム島
ぼーんほるむとう
Bornholm

デンマーク領の島。スウェーデン最南の地スコーネの沖合い35キロメートルにあるバルト海上の孤島。面積588平方キロメートル、人口4万4197(2002)。フェノ・スカンジア楯状地(たてじょうち)の一部を形成し、花崗(かこう)岩、片麻(へんま)岩を中心にデンマークでは例外的な岩石島を呈し、北部海岸は断崖(だんがい)が多い。中心地はレーネRnneとネクセNeksである。古ゲルマン民族のブルグント人の故地といわれ、スコーネとともに元来デンマーク領であった当地は、1645年スウェーデンに占領された。一時返還されたが、1658年ロスキレ条約によりスコーネとともにふたたびスウェーデン領となった。同年、住民の蜂起(ほうき)で祖国に復帰し、フレゼリク3世に同島を捧(ささ)げ、徴税、兵役の免除を受ける特権が認められた。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーンホルム島の関連情報