コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーンホルム島 ボーンホルムトウ

2件 の用語解説(ボーンホルム島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボーンホルム‐とう〔‐タウ〕【ボーンホルム島】

Bornholmバルト海上にあるデンマーク領の島。スウェーデン最南部の南東沖約35キロメートルに位置する。中心地はレーネ。17世紀に2度、スウェーデン領になった。北欧最大規模といわれる中世の城跡ハマースフスや、窓を銃眼や砲台として使えるように設計された円形教会が残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーンホルム島
ぼーんほるむとう
Bornholm

デンマーク領の島。スウェーデン最南の地スコーネの沖合い35キロメートルにあるバルト海上の孤島。面積588平方キロメートル、人口4万4197(2002)。フェノ・スカンジア楯状地(たてじょうち)の一部を形成し、花崗(かこう)岩、片麻(へんま)岩を中心にデンマークでは例外的な岩石島を呈し、北部海岸は断崖(だんがい)が多い。中心地はレーネRnneとネクセNeksである。古ゲルマン民族のブルグント人の故地といわれ、スコーネとともに元来デンマーク領であった当地は、1645年スウェーデンに占領された。一時返還されたが、1658年ロスキレ条約によりスコーネとともにふたたびスウェーデン領となった。同年、住民の蜂起(ほうき)で祖国に復帰し、フレゼリク3世に同島を捧(ささ)げ、徴税、兵役の免除を受ける特権が認められた。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーンホルム島の関連キーワード白海バルト海運河陸海北海バルト海運河決戦!バルト海カテガット海峡バルト海艦隊バルト海取引所《バルト海の乙女》バルト海貿易北海・バルト海商業圏

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーンホルム島の関連情報