コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボー・ル・ビコント庭園 ボー・ル・ビコントていえんLes Jardins Vaux-le-Vicomte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボー・ル・ビコント庭園
ボー・ル・ビコントていえん
Les Jardins Vaux-le-Vicomte

1655年にルイ 14世の財務卿 N.フーケがパリの南東方 40km余の地に A.ル・ノートルに命じて造らせた,フランス・バロック庭園の初期の傑作 (→ベルサイユ宮庭園 ) 。ル・ノートルの出世作となった。地形的変化に富み立体的な空間表現を主体としたイタリア式庭園とは異なり,冷温高湿で平坦地形という自然条件を生かして,平らな見通し線を縦横に配したオープンな軸線構成が展開されている。モニュメンタルで長大な視界が,整形に刈込んだ樹林の壁や大運河,噴水などの水の道によって補強されながら敷地のはてまで延び,さらに擁壁や階段,カスケードといった人工の高低差が加えられて,ドラマチックな造形を生んでいる。視覚的なトリック寒色の使用による望遠効果を用いて軸線を1点に集中させ,その終点の山の頂に城館が建つような幻想をつくりだしている。ここで確立した手法によって,17世紀のフランス式庭園の展開の方向が定まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボー・ル・ビコント庭園の関連キーワードインノケンティウスヌイツ奈良屋茂左衛門明暦如儡子天文学史(年表)小規模保育所新田義貞と福井天野酒稲生若水

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android