コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポワティエ ポワティエ Poitiers

2件 の用語解説(ポワティエの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ポワティエ(Poitiers)

ポアチエ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポワティエ
ぽわてぃえ
Sidney Poitier
(1924― )

アメリカの映画俳優フロリダ州マイアミに生まれ、少年時代は父親の出身地、西インド諸島バハマで過ごした。小学校を2年で中退、肉体労働で苦労を重ね、軍隊生活中に友人に俳優を勧められた。標準英語を独学して黒人劇団に採用されて巡業。映画では『暴力教室』(1954)の不良少年役で認められ、『手錠(てじょう)のままの脱獄』(1958)と『ポギーとベス』(1960)で人気も高まり、『野のユリ』(1963)では黒人として初めてアカデミー主演男優賞を獲得した。『夜の大捜査線』『招かれざる客』(ともに1967)が代表作。ハリウッドにおけるブラック・パワーのリーダー的存在であり、1969年、ポール・ニューマンらと組んでプロデューサー兼監督業に進出して『12月の熱い涙』(1972)、『ブラック・ライダー』(1972)、『スター・クレイジー』(1980)などを製作、監督した(前2作では主演も兼ねた)。また俳優に戻って『影なき男』(1988)、『リトル・ニキータ』(1988)、『スニーカーズ』(1992)、『ジャッカル』(1997)に出演した。1997年より2年間、バハマ国の駐日大使に任命されて日本との間を往復した。[日野康一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポワティエの関連キーワードポアソンポアソン比ポアティエポアチエポワチエサンジャン洗礼堂ダカーポアリアハーゲンポアズイユの法則ポアントマドレポア岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポワティエの関連情報