ポワティエ(読み)ぽわてぃえ(英語表記)Sidney Poitier

日本大百科全書(ニッポニカ)「ポワティエ」の解説

ポワティエ
ぽわてぃえ
Sidney Poitier
(1927―2022)

アメリカの映画俳優。フロリダ州マイアミに生まれ、少年時代は父親の出身地、西インド諸島のバハマで過ごした。小学校を2年で中退、肉体労働で苦労を重ね、軍隊生活中に友人に俳優を勧められた。標準英語を独学して黒人劇団に採用されて巡業。映画では『暴力教室』(1954)の不良少年役で認められ、『手錠(てじょう)のままの脱獄』(1958)と『ポギーとベス』(1960)で人気も高まり、『野のユリ』(1963)では黒人として初めてアカデミー主演男優賞を獲得した。『夜の大捜査線』『招かれざる客』(ともに1967)が代表作。ハリウッドにおけるブラック・パワーのリーダー的存在であり、1969年、ポール・ニューマンらと組んでプロデューサー兼監督業に進出して『12月の熱い涙』(1972)、『ブラック・ライダー』(1972)、『スター・クレイジー』(1980)などを製作、監督した(前2作では主演も兼ねた)。また俳優に戻って『影なき男』(1988)、『リトル・ニキータ』(1988)、『スニーカーズ』(1992)、『ジャッカル』(1997)に出演した。1997年より2年間、バハマ国の駐日大使に任命されて日本との間を往復した。

[日野康一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android