コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンピドゥー・センター ポンピドゥーセンター

百科事典マイペディアの解説

ポンピドゥー・センター

パリの中心地区ボーブールにある芸術・文化活動の諸機能を集めたセンター。正称は国立ジョルジュ・ポンピドゥー芸術・文化センター。創設に尽力したG.ポンピドゥーの名を冠して1977年開館。図書館,工業創作センター,音楽・音響の探究と調整の研究所,パリ国立近代美術館などがある。国際的な設計競技によりR.ピアノとR.ロジャースの共同案が採用された建物は,巨大な鉄骨や原色を用いた工場を思わせるもので,その斬新さが賛否両論を呼んだ。
→関連項目ペシェ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ポンピドゥー・センターの関連キーワードジャン・ミッシェル アルベローラモニコでのパンパン踊りトーマス シュッテワールド・アート具体美術協会河原温

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポンピドゥー・センターの関連情報