ポンピドゥー・センター(読み)ポンピドゥーセンター

百科事典マイペディア「ポンピドゥー・センター」の解説

ポンピドゥー・センター

パリの中心地区ボーブールにある芸術・文化活動の諸機能を集めたセンター。正称は国立ジョルジュ・ポンピドゥー芸術・文化センター。創設に尽力したG.ポンピドゥーの名を冠して1977年開館。図書館,工業創作センター,音楽・音響の探究と調整の研究所,パリ国立近代美術館などがある。国際的な設計競技によりR.ピアノとR.ロジャースの共同案が採用された建物は,巨大な鉄骨や原色を用いた工場を思わせるもので,その斬新さが賛否両論を呼んだ。
→関連項目ペシェ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android