コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポール=ロワイヤル文法 ポール=ロワイヤルぶんぽうPort-Royal grammar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポール=ロワイヤル文法
ポール=ロワイヤルぶんぽう
Port-Royal grammar

1660年フランスの文法学者 C.ランスロと A.アルノーにより著わされた『一般・理性文法,話し方の基礎』 Grammaire générale et raisonnée,les fondements de l'art de parlerの文法をさす。形態論の分析にとどまらず,統辞論も扱っていること,言語として具体的に表現されたレベルのほかに,言語間の差異をこえた人間一般の思考のレベルを設定して,理性の観点からこれを解き明かそうとした点などに,N.チョムスキーにより提唱された生成文法と比較的共通する面がみられ,近年注目されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポール=ロワイヤル文法の関連キーワードチャールズ伊達騒動チャールズフリードリヒ・ウィルヘルムマハンラーコーツィ家浅井了意王政復古(Restoration)古典主義長期議会

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android