コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイエンヌ公 マイエンヌこうMayenne, Charles de Lorraine, Duc de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイエンヌ公
マイエンヌこう
Mayenne, Charles de Lorraine, Duc de

[生]1554.3.26. オルヌ,アランソン
[没]1611.10.3. ソアソン
フランスの政治家。ギーズ公フランソアの次子。 1588年末ブロアの全国三部会で,暗殺された兄ギーズ公アンリに代ってカトリック同盟の指導者となった。翌年8月アンリ・ド・ナバールがアンリ4世として新王の宣言を行うや,これを否認し,ブルボン枢機卿シャルルを立ててシャルル 10世としたが,アルクおよびイブリーの戦いでアンリ4世に大敗。その後カトリック派内部で聖職者派と民衆派との対立が激化し,93年パリに全国三部会を招集したが失敗し,95年アンリ4世に帰順。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マイエンヌ公の関連キーワードサティール・メニペ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android