コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウマウ Mau Mau

翻訳|Mau Mau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウマウ
Mau Mau

ケニアにおいて,1952~57年にイギリスの植民地主義に対して行われた抵抗運動の総称。イギリス人入植者がケニアの肥沃な土地を占拠し,「ホワイト・ハイランド (白人高地) 」として支配したため,土地を失い窮乏したアフリカ人が,50年頃からキクユ族を中心とした土地奪還闘争を始め,52年 10月からテロ行為が頻発した。イギリスは同月 20日全土に非常事態を宣言し,徹底的な弾圧に乗出し,キクユ族中心の民族主義政党,ケニア・アフリカ民族同盟をその母体とみなして,その指導者の J.ケニヤッタらを逮捕した。このイギリスの武力行使に対し,最初は少数の過激的,排外的部族主義運動であったマウマウも,次第に近代的ナショナリズム運動に変質していった。実質的には,マウマウ団は 57年に鎮圧されたが,イギリスは 63年 12月ケニアの独立を認め,ケニヤッタが初代大統領に選ばれたのをはじめ,指導者の多くがケニア政府の幹部となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マウマウの関連キーワードハワイボルケーノ国立公園グギ・ワ・ジオンゴキラウェア[山]デダン キマチキラウエア火山W.T. グギマウマウの反乱キラウエア山強制収容所ペレの毛ウガンダムワンギムアンギングーギムボヤクラブアミングギ火口

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android