コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウンダー極小期 マウンダーキョクショウキ

デジタル大辞泉の解説

マウンダー‐きょくしょうき〔‐キヨクセウキ〕【マウンダー極小期】

17世紀半ばから18世紀初頭にかけて、太陽黒点がほとんど現れなかった時期。通常、太陽の磁場北極南極とで、極性が約11年で周期的に反転していたが、北極と南極が同じ極性になって赤道付近に別の極が出現し、太陽活動が低下したためと考えられている。15世紀から19世紀にかけて世界的に寒冷化した小氷期遠因の一つとされる。名称は英国の天文学者マウンダーに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マウンダー極小期【マウンダーきょくしょうき】

モーンダー極小期とも。黒点相対数が異常に少なかった1645年から1715年にかけての時期のこと。1890年に英国の天文学者E.W.モーンダーによって指摘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

マウンダー極小期【Maunder minimum】

太陽黒点の出現は現在ではほぼ11年間隔の周期が認められているが,1650年から1710年までの間には,ほとんど出現が認められなかった時期が存在した.これを古文書類などの資料からはじめて発見したマウンダー(E. W. Maunder)の名にちなんでマウンダー極小期と呼んでいる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

マウンダー極小期の関連キーワード太陽黒点説モーン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android