コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小氷期 しょうひょうきlittle ice age

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小氷期
しょうひょうき
little ice age

第四紀の最終氷期以後,山岳氷河が急速に発達した時期。特に歴史時代に入ってからのものをさしていうことが多い。ヨーロッパアルプスノルウェーアイスランド北アメリカアラスカでは 16世紀の終りから 17世紀の初め頃に始った。 1650年,1750年,1850年頃の3つのピークがあり,その間に氷河が若干後退した時期をはさむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ひょうき〔セウ‐〕【小氷期】

間氷期の間に訪れる比較的寒冷な時期。15世紀から19世紀までの約300年間はヨーロッパを中心に世界的な低温の時代があったとされる。この気候変動が、マウンダー極小期をはじめとする太陽黒点がほとんど現れず、太陽活動が不活発だったいくつかの時期に対応していると考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小氷期の関連キーワード歴史気候学気候変化異常気象堆石気候

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小氷期の関連情報