マカテア[島](英語表記)Île Makatea

世界大百科事典 第2版の解説

マカテア[島]【Île Makatea】

南太平洋のフランス領ポリネシア,トゥアモトゥ諸島中の隆起サンゴ礁の島。長さ8km,幅3km,面積21km2,人口約70。平均標高70mで,盆のように中央部がくぼんでおり,地表は凹凸のはげしい浸食面をなし,薄い粘土質土壌には水が欠乏している。耐乾性植物が支配的であるが,若干の食用植物も栽培されている。ナウル,オーシャン島と並ぶリン鉱石の産地であったが,取り尽くされて1966年に採掘が中止された。【石川 栄吉】【矢野 将】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android