トゥアモトゥ諸島(読み)トゥアモトゥしょとう(英語表記)Îles Tuamotu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥアモトゥ諸島
トゥアモトゥしょとう
Îles Tuamotu

南太平洋,フランス領ポリネシアに属する島群。南緯 14°~23°,西経 134°~149°に散在する。 78の島から成るが,サンゴ島であるマカテア島,ティケイ島以外は環礁である。タヒチのポマレ王家の属領であったが,1880年からフランス領。ココヤシ,タコノキなどが生育。マカテア島は行政上デュバン諸島に属し,リン鉱石を採掘していたが 1966年に閉山。残りの島々はガンビエ諸島とともにトゥアモトゥ=ガンビエ行政地区を構成。アパタキ環礁 (タヒチ北東 400km) は行政中心地で,真珠養殖が行われる。最大の島で空港があるランギロア島以外はタヒチ島への人口流出傾向がみられる。人口1万 1754 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android