コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥアモトゥ諸島 トゥアモトゥしょとうÎles Tuamotu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥアモトゥ諸島
トゥアモトゥしょとう
Îles Tuamotu

南太平洋,フランス領ポリネシアに属する島群。南緯 14°~23°,西経 134°~149°に散在する。 78の島から成るが,サンゴ島であるマカテア島,ティケイ島以外は環礁である。タヒチのポマレ王家の属領であったが,1880年からフランス領。ココヤシ,タコノキなどが生育。マカテア島は行政上デュバン諸島に属し,リン鉱石を採掘していたが 1966年に閉山。残りの島々はガンビエ諸島とともにトゥアモトゥ=ガンビエ行政地区を構成。アパタキ環礁 (タヒチ北東 400km) は行政中心地で,真珠養殖が行われる。最大の島で空港があるランギロア島以外はタヒチ島への人口流出傾向がみられる。人口1万 1754 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トゥアモトゥ諸島の関連キーワードファンガタウファ環礁ガンビエ[諸島]ピトケアン[島]ダーウィン海膨ヘイエルダールマカテア[島]マタイバ環礁ファカラバ島ムルロア環礁マラエ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android