フランス領ポリネシア(読み)フランスりょうポリネシア(英語表記)Polynésie française

  • Territoire de la Polynésie Française
  • フランスりょうポリネシア〔リヤウ〕
  • フランス領ポリネシア Polynésie française

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南太平洋南東部の広大な海域に散在する約 130の島々からなるフランス海外領。ソシエテ諸島(ソサエティ諸島),トゥアモトゥ諸島ガンビエ諸島(マンガレバ諸島),オストラル諸島(トゥブアイ諸島),マルキーズ諸島マルケサス諸島)の五つの諸島で構成される。面積は無人島を含め約 4000km2。無人島を除くと 3265km2。1842年から順次フランス領となり,1958年に海外領。1977年部分的自治が認められた。行政中心地はタヒチ島パペーテ。住民構成はポリネシア系が約 75%,ほかはポリネシア人とヨーロッパ人との混血,中国系,ヨーロッパ系など。輸出の大部分は再輸出品であるが,それを除くとやし油バニラなどが主要輸出品である。ほかに漁業も行なわれるが,経済を支えているのはフランス政府による援助と観光である。ムルロア環礁は 1966年から 1996年まで核実験場。人口 27万2000(2011推計)。(→ポリネシア

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

南太平洋中央に散在するフランス海外領に属する諸島群の総称。タヒチ島を含むソシエテ諸島,トゥアモトゥ諸島,ガンビエ諸島,オーストラル諸島マルキーズ諸島を含む約130の島からなる。1960年代半ば以降,領土内の経済は観光業とムルロア環礁での核実験の2つに依存する体制となった。核実験の終了を経て,今後の産業開発が必要となっている。主都パペエテがあるタヒチ島が中心をなす。人口26万8270人(2012)のうち,ポリネシア系(マオヒ人)が67%,他は混血,ヨーロッパ系,中国系の順。3521km2
→関連項目トゥブアイ[諸島]フランス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニューカレドニアとともにフランスの南太平洋における海外領土。ソシエテ,トゥアモトゥ,マルキーズ,トゥブアイ,ガンビエの各諸島,約130の島々からなる。陸地総面積4000km2,人口22万(1996)。観光地で有名なタヒチ島のパペエテを主都とする。住民はポリネシア人が75%を占め,ヨーロッパ人,中国人,ヨーロッパ人とポリネシア人との混血は少数派であるが,政治,経済の実権を握っていた。公用語はフランス語であるが,住民の多くはタヒチ語を使っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南太平洋、ポリネシア中部にあるフランス海外自治体の島々。ソシエテ諸島、ツアモツ諸島、ツブアイ諸島、マルケサス諸島、ガンビエル諸島など約130の島々からなる。陸地総面積4167平方キロメートル、総人口21万9521(1996)。首都はタヒチ島のパペーテ。肥沃(ひよく)な火山島と礁湖を取り囲むサンゴ礁島からなり、コプラ、やし油、バニラ、コーヒーなどの農産物、真珠母貝、黒真珠などの水産物に富む。タヒチ島をはじめとする史跡・景勝地に恵まれ、観光も大きな収入源となっている。タヒチ島のパペーテ空港はパリ、ホノルル、ロサンゼルス、シドニー、東京、オークランド(ニュージーランド)、サンティアゴ(チリ)などと結んでおり、1998年の利用者は52万8675人であった。17、18世紀からポルトガル人航海家キロスPedro Fernandes de Queiròs(1560ころ―1614)、イギリスのJ・クックらの来航が相次いだが、フランスは1842年マルケサス諸島、44年ソシエテ、ツアモツ両諸島、50年ツブアイ諸島、81年ガンビエル諸島を領有、1903年以後フランスの主権が確立した。

[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android