コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカパ マカパMacapá

2件 の用語解説(マカパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカパ
マカパ
Macapá

ブラジル北部,アマパ州の州都。中心集落は赤道直下アマゾン川河口部の主要分流ノルテ水路の左岸に位置する港湾都市で,市街は標高 12mの低い丘の上にある。州の商工業中心地で,背後に大規模な鉱山地帯を控え,マンガンを中心に金,鉄,スズなどの鉱石を積出すほか,獣皮,魚類などを集散し,植物油,ゴムなどの工場がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マカパ【Macapá】

ブラジル北部,アマパ州の州都。人口14万6523(1991)。アマゾン川左岸河口付近の河港。1949年,市の北西200kmにセラ・ド・ナビオの大マンガン鉱山が発見され,その鉱石搬出のため鉄道とサンタナ港が建設され,マンガンの積出港市となる。空港がある。サン・ジョゼ・デ・マカパ城砦(18世紀),アマゾンの網状流と密林探訪の観光地。【西川 大二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マカパの関連情報