コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキノ 雅広 マキノ マサヒロ

20世紀日本人名事典の解説

マキノ 雅広
マキノ マサヒロ

昭和期の映画監督



生年
明治41(1908)年2月29日

没年
平成5(1993)年10月29日

出生地
京都府京都市上京区千本一条上ル

本名
牧野 正唯

別名
前名=マキノ 正博,マキノ 雅弘,マキノ 雅裕

学歴〔年〕
京都第一商卒,同志社大学中退

主な受賞名〔年〕
京都市民賞〔昭和7年〕,牧野省三賞(第15回)〔昭和48年〕,おおさか映画祭特別功労賞(第3回・昭52年度)「『映画渡世』の出版」,くまもと映画祭特別功労賞(第3回・昭52年度),芸能功労者表彰(第11回)〔昭和60年〕,日本アカデミー賞会長特別賞(第17回)〔平成6年〕

経歴
映画の父・牧野省三の長男。映画初出演は3歳のときで、以来169本に出演。18歳の時「青い眼の人形」で監督デビュー、昭和3年20歳で名作「浪人街」を生み、同年の「崇禅寺馬場」、4年の「首の座」等で高い評価を得る。12年日活に入社、「恋山彦」「江戸の荒鷲」などを発表。東宝に移り「婦系図」「昨日消えた男」などのヒット作を放つ。戦後は「次郎長三国志」シリーズなどのヒット作品を製作、昭和40年代の任俠映画の全盛期には「日本俠客伝」「昭和残俠伝」の両シリーズを手がけ、任俠物の様式美を完成させた。通算映画史上空前の261本の作品を世に送り出し、早撮りの“職人的巨匠”といわれる。また長谷川一夫、山田五十鈴、美空ひばり、鶴田浩二ら、多くのスターを育てた。46年藤純子の引退記念作「関東緋桜一家」を最後に、映画から離れ、以後はテレビ時代劇のプロデュースを手掛けたほか、55年から自宅のスタジオで演技塾“マキノ会”を開き、後進の指導にあたった。著書に自伝「映画渡世 天の巻・地の巻」「カツドウ屋一代」がある。平成2年雅広に改名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

マキノ 雅広の関連キーワード浪人街 RONINGAI『日本侠客伝』シリーズ『網走番外地』シリーズマキノ 智子マキノ 光雄日活(株)古川 緑波マキノ雅広時代劇映画轟 夕起子山上伊太郎岡本喜八任侠映画山中貞雄三木滋人山田宏一妖棋伝高倉健

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android