任俠映画(読み)にんきょうえいが

世界大百科事典内の任俠映画の言及

【東映[株]】より

…60年代の映画産業の急速な衰退で,他社が深刻な経営危機に直面するなかで,よくこれをしのぐことができたのは,こうした経営政策による蓄積が大きい。製作面でも,時代劇から任俠映画路線に主力を転換させ,高倉健,鶴田浩二,藤純子,若山富三郎,菅原文太らのスターを育て,マキノ正博らのベテランをはじめ,加藤泰,深作欣二,鈴木則文,山下耕作などの娯楽作品にすぐれた手腕を発揮する監督を起用,さまざまなやくざ映画や実録映画のシリーズを成功させた。劇場用映画の製作・配給以外にも,洋画配給,テレビ映画製作,不動産部門などの多くの関連企業をもち,多角的な経営を続けている。…

※「任俠映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android