マクシミリアン(2世)(読み)まくしみりあん(英語表記)Maximilian Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)「マクシミリアン(2世)」の解説

マクシミリアン(2世)
まくしみりあん
Maximilian Ⅱ
(1527―1576)

神聖ローマ皇帝(在位1564~76)。フェルディナント1世の子。1548年、カール5世(カルロス1世)の娘でスペイン人のマリアと結婚。同年から3年間スペイン総督となった。帰国後、新教ルター派傾き、宗教紛争の激しくなるなかで、新旧両派の和解に努力したが、自らは父の皇帝にカトリックの信仰にとどまることを誓わされた。62年、ローマ王、ボヘミア王となり、64年父の死後、帝位を継いだ。帝国内の宗教的・政治的対立を除こうとし、トレント公会議の決議布告を拒否したので、全ドイツにおける新教徒拡大の勢力は最高頂に達した。一方、オスマン帝国との戦争に敗れ、時代の紛争の解決には成功しなかった。

[中井晶夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android