コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スアレス スアレスSuárez, Francisco de

7件 の用語解説(スアレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スアレス
スアレス
Suárez, Francisco de

[生]1548.1.5. グラナダ
[没]1617.9.25. リスボン
スペインの哲学者,神学者。イエズス会 (1564入会) 最大の学者で「優秀博士」 Doctor eximiusと呼ばれる。近世のスコラ学を興した。 1564~70年サラマンカで神学を学び,71~74年セゴビアの学院で哲学を,74~97年バリャドリドローマ,アルカラ,サラマンカなどの学院で神学を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スアレス
スアレス
Suárez González, Adolfo

[生]1932.9.25. カスティリア,セブレロス
スペインの政治家。サラマンカ大学で法律を学び,卒業後フランコ政権支持の政治結社国民運動 MNに参加。のち国営放送に勤務。 1968~69年 MNのセゴビア支部長に就任。 69年国営放送会長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スアレス(Francisco Suárez)

[1548~1617]スペインの神学者・哲学者・法学者。イエズス会士トマスアクイナスの学説を中軸に、スコラ哲学を総合的に体系化し、神学・哲学・法学にわたって以後の時代に影響を与えた。著「形而上学論究」「信仰の擁護」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スアレス

スペインの神学者,哲学者。グラナダ出身のイエズス会士で,コインブラ大学教授。その学識ゆえに〈卓越博士Doctor eximius〉と尊称される。後期スコラ学を代表する思想家で,国際法の創始者の一人としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

スアレス

体操、男子平行棒競技の技。支持前振りかかえ込み後方5/4宙返りひねり腕支持。名称はキューバの体操選手、カシミロ・スアレスから。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スアレス【Francisco Suárez】

1548‐1617
スペインの哲学者,神学者。グラナダ生れ。サラマンカ大学で教会法を学んでいる間にイエズス会に入り,引き続き哲学,神学を学ぶ。1571年以降スペインの諸大学,およびローマで哲学,神学を教えたが,97年フェリペ2世の招きでポルトガルのコインブラ大学神学教授に就任,リスボンで没した。その卓越した学識のゆえに,歴代の教皇から〈卓越博士Doctor eximius〉の称号を贈られた。 彼はきわめて多産な著作家であり,パリ版《全集》(1856‐78)は28巻を数える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スアレス【Francisco de Suárez】

1548~1617) スペインの神学者。イエズス会士。王権神授説に反対して英国教会を批判、国際法学ではグロティウスの先駆とされる。著「形而上学的論争」「法律論」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のスアレスの言及

【存在論】より

…しかしアリストテレスの《形而上学》と中世の形而上学とが〈存在論〉という言葉の発生の源泉であることは明白である。これをスアレスの《形而上学論議》(1597)に即して追ってみよう。彼は〈実在的な存在者ens realeである限りでの存在者〉を〈知性的存在者ens rationis〉,すなわち知性・悟性の産物として心の中に想像された存在者から鋭く区別し,前者を次の2部門で扱う。…

※「スアレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スアレスの関連キーワードフランス演劇岩手の葉タバコ生産溝口秀勝榊原康政ブルーノ本多忠勝焼石岳上杉謙信サカテカス塩尻峠

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スアレスの関連情報