コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクディシー マクディシー Maqdisī, Abū `Abd Allāh Muḥammad ibn Aḥmad

2件 の用語解説(マクディシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクディシー
マクディシー
Maqdisī, Abū `Abd Allāh Muḥammad ibn Aḥmad

[生]946頃.エルサレム
[没]1000
アラブ地理学者。通称ムカッダシー Muqaddasī。祖父は高名な建築家。東はインド西北部やシースターン,西はイベリア半島近くまで,広範なイスラム世界を旅行した。 985年頃その地理書を仕上げ,さらにその後も手を加えたとみられるのが『諸地域の書』 Kitāb al-aqālīmまたは『諸地域を知る最良の区分』 Aḥsān al-taqāsim fī ma`rifat al-aqālīmで,2種の異本がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マクディシー【al‐Maqdisī】

946‐?
エルサレム生れのアラブの地理学者,大旅行家。ムカッダシーal‐Muqaddasīとも呼ばれる。その著《諸地域の風土を知るための最良の分類の書Aḥsan al‐Taqāsīm fī Ma‘rifat al‐Aqālīm》(985か988)は,観察の深さ,収集した資料の的確な使用,科学的編纂により最も優れたアラブ地理書の一つに数えられる。バルヒーの流れを汲み,もっぱらイスラム世界の叙述を意図した。テーマは多様で表現は精緻である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクディシーの関連キーワードエルサレム王国エルサレム神殿イェルサレムエルサレム賞西エルサレム東エルサレムエルサレム考古学公園「エルサレム」亭の対決エルサレム・タルムード《新エルサレム》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone