コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクディシー Maqdisī, Abū `Abd Allāh Muḥammad ibn Aḥmad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクディシー
Maqdisī, Abū `Abd Allāh Muḥammad ibn Aḥmad

[生]946頃.エルサレム
[没]1000頃
アラブの地理学者。通称ムカッダシー Muqaddasī。祖父は高名な建築家。東はインド西北部やシースターン,西はイベリア半島近くまで,広範なイスラム世界を旅行した。 985年頃その地理書を仕上げ,さらにその後も手を加えたとみられるのが『諸地域の書』 Kitāb al-aqālīmまたは『諸地域を知る最良の区分』 Aḥsān al-taqāsim fī ma`rifat al-aqālīmで,2種の異本がある。当時のアラブ各地方の方言をも取入れたユニークな書。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクディシー【al‐Maqdisī】

946‐?
エルサレム生れのアラブの地理学者,大旅行家。ムカッダシーal‐Muqaddasīとも呼ばれる。その著《諸地域の風土を知るための最良の分類の書Aḥsan al‐Taqāsīm fī Ma‘rifat al‐Aqālīm》(985か988)は,観察の深さ,収集した資料の的確な使用,科学的編纂により最も優れたアラブ地理書の一つに数えられる。バルヒーの流れを汲み,もっぱらイスラム世界の叙述を意図した。テーマは多様で表現は精緻である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクディシーの関連キーワードイブン・アルファキーフイスタフリー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android