コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシニッサ マシニッサ Massinissa(Masinissa)

3件 の用語解説(マシニッサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マシニッサ
マシニッサ
Massinissa(Masinissa)

[生]前240頃
[没]前148
北アフリカヌミディアの支配者。カルタゴで育ち,第2次ポエニ戦争では最初カルタゴの騎兵隊を指揮してスペインローマと戦った (前 212~206) が,ローマの優勢を悟ってローマ側へ寝返った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マシニッサ【Masinissa】

前238‐前148
古代ヌミディア王国の創始者。第2次ポエニ戦争初期,マッシュリ王族の一人としてカルタゴ軍に参加。イベリア半島でローマと戦ったが,マサエシュリシュファクスSyphaxのマッシュリ領侵攻およびカルタゴとの同盟をみてローマ側に転身した。スキピオ(大)の信任を得,ローマ軍とともにアフリカに帰還し,前203年,シュファクスを倒して,ローマ元老院によりヌミディアの王と認められた。ザマの戦(前202)でローマの勝利に貢献した後,前193年ころまでにマサエシュリ領併合を完了。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マシニッサ
ましにっさ
Massinissa
(前240ころ―前149)

ヌミディア王(在位前202~前148)。第二次ポエニ戦争(前218~前201)期に、北アフリカ先住民ベルベル系諸王権の一つ、マッシュリー王国の王子であった彼は、カルタゴ軍に加わって従軍したイベリア戦線でローマの敵将スキピオ・アフリカヌス(スキピオ(大))と接触、協力を誓った。父王の死後、カルタゴの意を迎えて侵入した隣国マサエシュリー国王シュファックスを相手に苦戦したが、おりしもアフリカ上陸を果たしたスキピオ(大)指揮下のローマ軍の助力で、シュファックス・カルタゴ連合軍を打倒して即位。旧マサエシュリー領をも併合して、東はシドラ湾岸から西はマウレタニア(現モロッコ付近)国境に達する大王国を形成するに至った。第二次ポエニ戦争終結後は、ローマの黙認の下で敗者カルタゴの穀倉地帯を蚕食、この地の農業経営を基礎としてヘレニズム諸国とも交流し、古代ベルベル王権の最盛期を現出。しかし、その露骨な侵略政策はついにカルタゴの武力反撃を招き、これを口実としたローマの対カルタゴ宣戦布告により、第三次ポエニ戦争(前149~前146)となる。[栗田伸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マシニッサの関連キーワードセティフヌミディアハンニバルユグルタドゥッガマクタール創始者の原理リュディア王国ヌミディア人ロンバルディア王国

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone