マチネ・ポエティク(読み)まちねぽえてぃく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチネ・ポエティク
まちねぽえてぃく

文学グループ。1942年(昭和17)秋、中村真一郎加藤周一福永武彦(たけひこ)らによって結成。初め各自の詩や小説、そしてエッセイの朗読会であったが、しだいに定型詩への関心を深めていった。その結果は第二次世界大戦後の『マチネ・ポエティク詩集』(1948)に示されている。この押韻定型詩の試みは、三好(みよし)達治の『マチネ・ポエティクの試作に就て』などによって否定的にしか評価されなかった。なお、このグループは46年(昭和21)に雑誌『世代』を、48年に同じく『方舟(はこぶね)』を創刊。ほかにエッセイ集『1946 文学的考察』(1947)もある。[安藤靖彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android