コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチューリン

2件 の用語解説(マチューリンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マチューリン

アイルランドの小説家,劇作家。ダブリンで生まれ,教区牧師を務めながら悲劇《バートラム》を成功させるが,生涯の大半を窮乏のうちに過ごす。代表作《放浪者メルモス》(1820年)は,悪魔に魂を売った男の時空を超えた彷徨を複雑な入れ子構造で描いたもので,バルザックらの高い賞賛を得て,ゴシック・ロマンスの最高作と目されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マチューリン【Charles Robert Maturin】

1782‐1824
アイルランド生れの小説家,劇作家。ダブリンのトリニティ・カレッジを卒業し,牧師となる。1807年に小説を発表して以来,多くの小説や劇作品を書き,W.スコットなどに認められる。悲劇《バートラム》(1816)は成功した。最大の傑作は《放浪者メルモス》(1820)で,イギリスゴシック・ロマンスの掉尾(とうび)を飾り,多くの人に賞賛され,バルザックの初期作品にも影響を与えた。【榎本 太】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone