マチューリン

百科事典マイペディアの解説

マチューリン

アイルランドの小説家劇作家ダブリンで生まれ,教区牧師を務めながら悲劇《バートラム》を成功させるが,生涯の大半を窮乏のうちに過ごす。代表作《放浪者メルモス》(1820年)は,悪魔に魂を売った男の時空を超えた彷徨を複雑な入れ子構造で描いたもので,バルザックらの高い賞賛を得て,ゴシック・ロマンスの最高作と目されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マチューリン【Charles Robert Maturin】

1782‐1824
アイルランド生れの小説家,劇作家。ダブリンのトリニティ・カレッジを卒業し,牧師となる。1807年に小説を発表して以来,多くの小説や劇作品を書き,W.スコットなどに認められる。悲劇《バートラム》(1816)は成功した。最大の傑作は《放浪者メルモス》(1820)で,イギリスのゴシック・ロマンスの掉尾(とうび)を飾り,多くの人に賞賛され,バルザックの初期作品にも影響を与えた。【榎本 太】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android