コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッキンリー山

2件 の用語解説(マッキンリー山の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マッキンリー山

アメリカ・アラスカ州にある北米大陸最高峰。氷河やツンドラなどの自然が広がる。北緯60度以北で北極圏に近く、強風や寒さに耐える体力や技術が求められる。冒険家の植村直己さんが84年に世界初の冬季単独登頂を果たし、直後に消息を絶った。

(2006-05-20 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッキンリー山
まっきんりーさん
Mount McKinley

アメリカ合衆国、アラスカ州南部、アラスカ山脈の主峰。標高6194メートルは北アメリカ大陸の最高峰である。万年雪と氷河で覆われる。1913年スタックの探検隊によって初登頂された。1917年にこの山を中心とする広い範囲がマウントマッキンリー国立公園に指定された(1980年、デナリ国有記念物を加えてデナリ国立公園と名称を変更)。その中にはハンター山、フォーラカー山ラッセル山、ブルックス山などの高峰が含まれており、氷河、氷食地形、高山植物、野生動物、森林に恵まれる。山名は第25代大統領W・マッキンリーに由来する。[鶴見英策]
 2015年8月末、アメリカ合衆国政府は山の公式な名称をアラスカ先住民による呼称デナリDenaliに変更すると公表した。現地語で「偉大なもの」を意味する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッキンリー山の関連キーワードアメリカ合衆国アングロアメリカ北アメリカデナリ国立公園ロッキー山脈アラスカ北米セブンサミット七大陸最高峰アラスカ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マッキンリー山の関連情報